〒689-4121 鳥取県西伯郡伯耆町大殿1371-21 

受付時間

9:00~18:00
年間無休

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0120-800-615

キトサン活力液「私のバラは超元気」の使用法

注意点

    3年以内に使い切ってください。

シリンジ

シリンジ(針のない注射器)で計量しましょう。シリンジはご購入時にお付けしています。

 

シリンジを用いて2000倍液を作ります。

水1リットル

原液0.5cc

水5リットル

原液2.5cc

水10リットル

原液5cc

 

うどんこ病と黒点病などの対策には葉と枝に噴霧器で散布。週1回

キトサン活力液「私のバラは超元気」の2000倍液を3月より11月にかけて葉・枝に噴霧器を用いて散布すると、うどんこ病・黒点病・灰色カビ病・べと病・さび病に対応できます。

品種によっては無農薬で栽培できます。

散布後に雨がふったとしても6時間たっているなら有効。

展着剤はいりません。キトサン自身に展着力があります。

 

 

ご注意ください。

〇枝・幹・葉の裏表にまんべんなくかかるように散布してください。

やったりやらなかったりすると効果は期待できません。無農薬栽培には根気が求められます。

 

バラを元気にしたい、花をびっしりと咲かせたい、シュートを出したいときは月に2回土へ灌水

 

鉢植えのバラ

2000倍液を月2回鉢土へ灌水します。/7月と8月には週1回土に与えてください。猛暑による体力の消耗を防げます。

10号鉢(直径30㎝)で1.5リットル。6号鉢(直径18㎝)ならその半分
程度でよいでしょう。

 

地植えのバラ

 

2000倍液を 大型のハイブリット・ティーとツルバラには 1.5リットル
フロリバンダと小型のハイブリット・ティーには 1リットル
小型のバラと幼株には  0.5リットル

 

2000倍液を月2回土へ灌水します。/7月と8月には週1回土に与えてください。猛暑による体力の消耗を防げます。

 

 

アグリチンキ36をキトサン活力液と混合。葉と枝に散布しましょう。

キトサン活力液「私のバラは超元気」とアグリチンキ36との混合液の散布により、ほとんど農薬を散布しなくてうどんこ病/黒点病/虫対策ができる可能性があります。減農薬に大いに貢献します。ご期待ください。 

 

混合液の作り方

  2リットルあたり

アグリチンキ36 2cc

キトサン活力液       1cc

バラゾウムシの多発期にはアグリチンキ36は倍量とします。