バラ図鑑。無農薬栽培が可能なバラ500品種

市販されているバラの品種の約4割は、キトサン液のはたらきで無農薬栽培ができます。

品種選びを間違えさえしなければバラの無農薬栽培は十分に可能です。アグリチンキ36とキトサンを混合して散布ことで虫対策もできます。大きな虫は手で捕殺しましょう。

あなたにもできる バラの無農薬栽培

バラ図鑑。無農薬栽培が可能なバラ500品種

半ツルバラ

「半つるバラ」とは、木立バラとして育ててもよし、小型のつるバラにしてもよし、仕立て方自由な便利なバラたちです。

ご注意ください。

四季咲き・返り咲き・繰り返し咲きするのは、「半ツルバラ」を木立バラにしたときのみです。

ツルバラ仕立てにすると春のみの一季咲きになるかも? いずれにしても夏・秋にたくさん咲くことはなくなります。

 

四季咲き性半ツルバラ

返り咲き性半ツルバラ

ツルバラ

一季咲きのツルバラ

返り咲き・繰り返し咲き・四季咲きのツルバラ

 

ご注意ください。

四季咲き・繰り返し咲き・返り咲き性と称して販売されいるツルバラの大半は、ほぼのみの一季咲きで終わります。

四季咲きツルバラが秋に咲く確率は5株のうち1株ていど。

いずれにしてもツルバラが夏・秋にたくさん咲くことはありません。

新品種のバラの中から、病気に強いバラを選ぶ。そうすることにより無農薬栽培は十分に可能です。

あなたは、2020年1月以降フランスではバラへの農薬の使用が禁止されていることをご存じですか。(農家以外の人が農薬を購入する、使用する・保管することは禁止されています)

いずれはバラへの農薬規制がヨーロッパ全体に広まることは必至。この流れをうけて、最近に開発されたバラの品種の多くが病気にとても強くなっています。これらの新品種のバラの中から病気に強いバラを選べは、無農薬栽培は可能です。