〒689-4121 鳥取県西伯郡伯耆町大殿1371-21 

受付時間

9:00~18:00
年間無休

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0120-800-615

バラは株間を広く。密植すると育ちません。

密植してはなぜいけないのか

バラ間の光や 養分 の奪い合いが起こりやすく,どのバラも体が貧弱となります

過繁茂による光不足と多湿条件が病害虫の発生を招きます

枝と枝が重なるので強い剪定をすることになります。強い剪定をするとバラは大きくなれません。

 

 

密植について

観光バラ園の中にはバラをびっしりと植えているところがあります。こうすると見栄えがよくなります。

見せるための演出です。

バラとバラの間隔が狭い状態を密植と言います。

密植したバラ

あなたはマネをしてはいけません。


密植は観光バラ園などの高度の栽培技術者と頻繁なる農薬散布によって成り立っているのです。
栽培技術のない人・農薬を使いたくないあなたがバラを密植するとバラは育たなくなります。

植物にはそれぞれ株間が決まっています。
バラの植え付け間隔は「1メートル」です。つるバラなら2m以上です。
これを守りましょう。

たとえばバラ同士の間隔を50㎝~60㎝にすると

  1. 枝と枝が重なるので強い剪定をすることになります。強い剪定をするとバラは大きくなれません。
     
  2. とくに強い樹勢のバラならなんとか生きていけるでしょうが多くのバラはそだちません。
    .
  3. 密植すると黒点病・うどんこ病・べと病などが広がりやすい。
     
  4. 肥料害が出て立ち枯れるバラが出てきます。