〒689-4121 鳥取県西伯郡伯耆町大殿1371-21 

受付時間

9:00~18:00
年間無休

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0120-800-615

有機バラ肥料「ローズサポーター」の使用法

 

使用法【地植え木立バラ/東京基準】   
    ※つるバラやミニバラ以外のバラ
  • 寒肥
     
    時期 1月~2月上旬
    施肥量 300g/株 
    施肥方法 株から30~40cm以上離して円状に土を10cm堀ります。肥料と牛糞堆肥と土をよく混ぜ合わせてから掘穴にこれらを入れます。
    終われば土の表面が湿る程度に水やりをします。


    追肥
     
    時期 1回目 6月上旬   2回目 8月下旬~9月上旬
    施肥量 各 150g /株
    施肥方法 株から30~40cm以上離して円状に土を数cm堀り、肥料をまきます。
    土を埋め戻してから土の表面が湿る程度に水やりをします。

    定植時

    定植時には土を60cm以上ほりあげ、底に300g/株を施します。肥料が根に直接触れると根が傷みますので、肥料を含まない土を5cm程度その上に覆土しましょう。

地植えつるバラ/東京基準

ツルバラは、肥料を控えめにましょう。
ツルバラに肥料をたっぷり与えると枝が徒長しすぎます。こまったことに徒長した枝には花が付きません。つるバラへの肥料は木立バラと同じ量でよいのです。

 

地植えモッコウバラ/東京基準

モッコウバラは栄養が豊かであると株の成長に注力するので、開花期の前に肥料を与えると咲かなくなります。花が咲く前に肥料を与えるのはNG。

また9月中旬以降(東京基準)に肥料を与えるのもNG。

有機バラ肥料「ローズサホーター」を花が咲いたころと8月末に各100g与えます。それ以外は一切肥料を与えてはいけません。

使用法【鉢植え/東京基準
  • 鉢植えバラには冬を除き毎月1回、鉢のふちをぐるりと5mmほどの深さに堀り、掘り穴へ肥料を施し、土を元通りにもどしてください。

    南国で冬でも咲く地域では冬(12月~2月)は下記量より少なめに与えてください。
    .
    植木鉢の号数 1回あたりの肥料の量
    7号鉢=直径21㎝の鉢 20g 
    8号鉢=直径24㎝の鉢 30g~40g 
    10号鉢=直径30㎝の鉢 50g~60g 
    12号鉢=直径36㎝の鉢 70g~80g 

    鉢栽培では有機肥料は元肥としとては使えません。有機肥料は土の中で発酵しはじめます。発熱し根を焼いてしまいます。もし鉢栽培で基肥を施したいのならマグアンプKのような化学系の緩効性肥料を与えましょう。
    .