いますぐバラ栽培スタートセット

「いますぐバラ栽培スタートセット」はバラ栽培にいますぐ必要なものだけに絞りこんだセットです。このセットで初心者の方がバラ作りをするのに必要なものが全部揃います。

横スマホ

トップページ  →   いますぐバラ栽培スタートセット

「いますぐバラ栽培スタートセット」

1.水溶性マグネシウム強化 有機バラ肥料「ローズサポーター」

バラの肥料「ローズサポーター」

 

蕾をつける=リン酸のはたらき。シュートが出る=リン酸のはたらき。

水溶性マグネシウムはバラのリン酸吸収を助けるはたらきがあります。水溶性マグネシウム入り肥料は通常の肥料よりリン酸の効きが3割以上高いのです。

 

ご存知ですか。バラ切花農家の皆さんは1㎡当たり年170本の切花を生産します。これほど大量に切花を収穫できるのは水溶性マグネシウム入りの肥料を施しているからです。

シュートが出ないときには水溶性マグネシウムを与えると解決します。初めてウィークスローズ社のバラ苗を見た方は必ず驚かれます。その株の大きさと枝の太さは見事です。ウィークスローズに代表されるアメリカのバラ苗生産者は多くの水溶性マグネシウム入り肥料を与えて、強いシュートの大苗を生産しています。

 

 

 

 

2.うどんこ病・黒点病対策】 キトサン活力液「私のバラは超元気」

キトサン活力液「私のバラは超元気」

あなたのばらは
  うどんこ病・黒星病に負けない
  強い体力のばらに生まれ変わります。
品種によっては無農薬による栽培が期待できます。
 


バラの専門誌「マイガーデン」 57号 40ページより

キトサンを葉に散布すると、1年を通じてうどんこ病で悩まされることはまずなくなりました。 黒点病(黒星病)にもかかりにくくなり、無農薬栽培の、強い味方だと実感しています。


バラの専門誌「ガーデンダイアリー」 10号 73ページより

ナーセリーからやってきてすぐには、うどんこ病にかかっていた葉も、わたしの散布するキトサンなどのシャワーでとても健康な葉がワサワサと育ってきました。

3.【虫対策】 アグリチンキ36

バラの害虫にはアグリチンキ36

グリチンキ36は農薬ではありません。

農薬成分を含まない、そして無臭・無刺激・無害。

住宅密集地のために「消毒」をためらっている方にも安心して使っていただけます。

 

バラゾウムシとチュウレンジバチの被害が集中する時期に週2回散布すれば、かなり被害は減ります。


やるだけの価値はあります。

 

カイガラムシ アグリチンキ36を週1回散布しているバラにはカイガラムシは見られません。
もし発生したとしたらそれはアグリチンキ36の散布液がかからないところがあるからです。
葉・枝・幹の裏表をくまなく丁寧に散布すれば発生は止まります。
チューレンジバチ 週1回枝・幹に丁寧に散布するとチューレンジバチの産卵は激減します。
被害を従前の5分の1から10分の1程度にまで抑えることは十分に可能です。
アブラムシ・ハダニ 毎週1回 葉面散布しているバラにはアブラムシもハダニも寄ってこないようです。
発生したときには500倍液を3日間隔で数回散布してください。
うどんこ病 毎週1回散布する株にはうどんこ病はほとんど出ません。 
すでに発生しているうどんこ病については1回のみ500倍液を散布してください。拡散しなくなります。
ナメクジ・カタツムリ バラの土にしみこませる、葉面散布するとナメクジやダンゴムシは寄ってきません。

 

4.【開花力強化】 リン酸液肥「ファーメント」

バラの開花力強化リン酸液肥

圧倒的な「開花力」  シュートも出ます。

バラのための発酵リン酸液「ファーメント」

 

蕾をつける=リン酸のはたらき。シュートが出る=リン酸のはたらき。

実はリン酸は葉から与えるのが一番効率的なのです。

ただし必要量のリン酸のすべてを葉から与えるのは無理。バラ肥料とリン酸液肥の両方を並行して施します。

5.【ミネラル補給でバラをもっと元気に】 阿寒の恵

阿寒の恵み
阿寒の恵

 

  1. 土をふかふかにします。土がどんどん良くなります。堆肥(馬糞堆肥・牛糞堆肥)と阿寒の恵の両方をほどこすと数年でバラ園のようなふかふかした土になります。 
  2. バラの根を根腐れから守ります。根腐れ防止剤「シリカ」と同様効果が期待できます。
  3. バラは4年間は同じ土に植え替えられない。いいえ 阿寒の恵ならすぐできます。
  4. 古い鉢の土の処分にお困りのあなた、土を再利用しませんか。阿寒の恵みは古土再生材としても使えます。

 

このようなことはありませんか。

○葉の一部分が黄変。ハダニの被害にそっくり
○葉が縮れたり巻いてしまったり。モザイク状の斑点がでたり
○葉の縁が茶色く変色し、次々と落葉
○葉がカサカサに
○蕾が咲かずに枯れる
○蕾がつかない枝

このような現象が見られるとしたら微量元素やミネラルなどの欠乏症の可能性があります。
ミネラル肥料「阿寒の恵」を与えましょう。

いますぐバラ栽培セットの価格表

お電話でのご購入/お問合せはこちら

0120-800-615

お問合せ・ご相談・ご注文はフリーダイヤルで

バラの花束

フリーダイヤル(無料電話)

0120-800-615

営業時間:9:00〜18:00
年中無休

 

お問い合わせ・ご相談・ご注文・資料のご請求はお電話なら簡単。お客様の90%の方がお電話をご利用です。

12時から14時の間は電話が込み合います。話し中の時にはもう1度おかけ直しください。

ご連絡はこちらに

無料電話

0120-600-815

営業時間

9:00~18:00
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

定休日

年中無休

お客さまのお悩み
解決できるかも

みなさんから、よく寄せられるご質問を集めました。