うどんこ病・黒点病に負けたバラに100%無害な消毒法

お肌が敏感・農薬を使えない体質のあなたに 無臭・無刺激・ノー化学物質。ストレスOFFの消毒法

清水園芸店トップページ > 

                   >  使用法

                   >  お値段はおいくら 

                          (このページよりご注文いただけます)

                   > ファクスからのご注文

                   

キトサン溶液「ばら専科」

家庭園芸専用

キトサン溶液「ばら専科」とキトサン活力液「私のバラは超元気」は基本的には同じはたらき。

違いは2つ。

  「私のバラは超元気」は「ばら専科」より濃度が7倍 。

   有効期限(効果が続く期間)は「ばら専科」1年、「私のバラは超元気」は3年となっています。

 

ばらの無農薬栽培も キトサン

うどんこ病・黒点病に負けたバラに!
キトサン活力液「私のバラは超元気」で回復が期待できます。

活力効果がとても強く、バラをびっしりと咲かせたい・
シュートを出したいときに与えるとよい成果が期待できます。

あなたのバラはうどんこ病・黒点病に負けない強い樹体になります。
     ~  葉と枝と幹へ散布

バラのうどんこ病・黒点病

枝・幹・葉の裏表にまんべんなく散布すればほとんど農薬を散布しなくてもすむ場合もあります。

効果が不十分なのは散布液がかからないところがあるからです。

 

一方向からだけ施すとかからないところがでます。それでは効果は出ません。四方向より、そして上から・下からもまんべんなく施してください。

うどんこ病・黒点病(黒星病)・灰色カビ病・べと病に強いバラになります。品種によっては無農薬栽培が可能です。

                   「お客様のお声」~バラの専門誌より

バラの専門誌「マイガーデン」
 57号 40ページ


キトサン液を葉に散布すると、1年を通じてうどんこ病で悩まされることはまずなくなりました。 黒点病(黒星病)にもかかりにくくなり、無農薬栽培の、強い味方だと実感しています。       

マイガーデン

バラの専門誌「ガーデンダイアリー」

 10号 73ページ

ナーセリーからやってきてすぐには、うどんこ病にかかっていた葉も、わたしの散布するキトサン液などのシャワーでとても健康な葉がワサワサと育ってきました。       

ガーデンダイアリ

葉に散布すれば ⇒ うどんこ病・黒点病などの病気対策
土に灌水すれば
 ⇒ 花がびっしりと。シュートが出ます。

多くの方より花の数がアップした、シュートの発生が止まっているバラにシュートが出た...などお礼のお言葉をいただいています。

  • 土に灌水すると根が発達し体力の強い樹体が作られます。根が土深くまでに伸張し、鉢植えでは根張りが良くなります。
  • キトサン活力液「私のバラは超元気」を土に与えることで、バラの根が病気とネコブセンチュウに害されるリスクが下がります。葉に散布すると葉の上でも放線菌が増えます。うどんこ病・黒点病(黒星病)のリスクが下がります。   
  • 高温期でも体力は落ちません。無事に夏を乗り越せます。
  • 黒点病で葉をすっかり落としたバラでも8月半ばより葉が再生し、秋の花は期待できます。これがキトサン溶液「ばら専科」の実力です。
バラのベーサルシュート

 

びっしりと咲かせたい・シュートを出したいときに与えましょう。

 

  • 花は3割ほど多く咲きます。四季咲きバラは四季咲き性が強くなります。
  • 木が古くなったなどの理由でベーサルシュートが出にくくなったバラもシュートがよく出ます。

 

四季咲性のバラは四季咲性がさらに強まります。冬でも花が !!

ここが違う

 
お肌が敏感・農薬を使えない体質のあなたに 無臭・無刺激・ノー化学物質。ストレスOFFの消毒法

こんな方におすすめです!

  • 家には 幼児様とペットが。だから農薬散布が困難な方に。
  • 香りのバラに余計なニオイがつかない、花が変色しないものをお探しの方に。
  • 他人さまと農薬トラブルはさけたい。だから無臭・無刺激・絶対安全なものをお探しの方に。
  • 完全無害・無刺激・無臭なので素手で扱えます。保護用の帽子・メガネ・マスク等は一切無用です。また散布液の霧が体にかかっても無害なので長袖シャツ・長ズボンは不要。足・手が露出しても安全です。

農薬を使用している方が急に農薬を止めるのはとても危険です。

もしあなたが農薬をご使用ならキトサン活力液「私のバラは超元気」を施しつつ1年間は農薬も併用しましょう。

たとえばキトサン⇒キトサン⇒ダコニール(農薬)⇒キトサン⇒キトサン⇒サプロール(農薬)のようにすれば農薬の使用回数は半減します。このようにして農薬から徐々に撤退してください。

 

無農薬栽培/有機栽培が可能となるのは2年目からです。

お問合せ・ご相談・ご注文はフリーダイヤルで

バラの質問はこちらへ

お気軽にお問合せください

フリーダイヤル(無料電話)

0120-800-615

営業時間:9:00〜18:00
年中無休

 

お問い合わせ・ご相談・ご注文はお電話なら簡単。お客様の90%の方がお電話をご利用です。

12時から14時の間は電話が込み合います。話し中の時にはもう1度おかけ直しください。

 

ご連絡はこちらに

無料電話

0120-600-815

営業時間

9:00~18:00
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

定休日

年中無休

お客さまのお悩み
解決できるかも

みなさんから、よく寄せられるご質問を集めました。