アグリチンキ36の使用法

満開のバラ
横スマホ

トップページ → アグリチンキ36 → 使用法

アグリチンキ36

通常アグリチンキ36は1000倍液を週1回葉や枝に散布します。(冬はしません。) 

濃度は500倍までなら可。それより濃くしないでください。

使用回数は週2回まで可。これ以上は使用しないでください。

 

バラに多大な害を与えるのがバラゾウムシとチュウレンジハバチ。

この虫に限って活動期に500倍液を週2回散布されている方が多くいらっしゃいます。お話では被害を抑えることができたと申されています。

 

カイガラムシ アグリチンキ36を週1回散布しているバラにはカイガラムシは見られません。
もし発生したとしたらそれはアグリチンキ36の散布液がかからないところがあるからです。
葉・枝・幹の裏表をくまなく丁寧に散布すれば発生は止まります。
チューレンジハバチ

週1回枝・幹に丁寧に散布するとチューレンジハバチの産卵は激減します。被害を従前の5分の1から10分の1程度にまで抑えることは十分に可能です。

     (活動期に限り500倍液を週2回も可)

アブラムシ・ハダニ 毎週1回 葉面散布しているバラにはアブラムシもハダニも寄ってこないようです。
発生したときには500倍液を3日間隔で数回散布してください。
うどんこ病 毎週1回散布する株にはうどんこ病はほとんど出ません。 
すでに発生しているうどんこ病については1回のみ500倍液を散布してください。拡散しなくなります。
ナメクジ・カタツムリ バラの土にしみこませる、葉面散布するとナメクジやダンゴムシは寄ってきません。

 

ご連絡はこちらに

無料電話

0120-600-815

営業時間

9:00~18:00
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

定休日

年中無休

お客さまのお悩み
解決できるかも

みなさんから、よく寄せられるご質問を集めました。